先頭に戻る

レシートと計算機

買い物かごに入れる順に気をつけるだけで、食費が節約できます♪

 

スーパーの入り口から入ると、色とりどりの野菜や果物が並んでいますね。
うん、新鮮でおいしそう♪

 

でも、すぐに買いものかごに入れるのは、待って下さい!
この行動は、無駄遣いにつながります!!

 

スーパーの戦略

野菜売り場

スーパーに並んでいる商品は、ほとんどが1,000円以下の価格の安い商品です。

 

スーパー側としては、安い商品をたくさん買って、一人あたりの消費量を増やしてもらいたいものです。(客単価を上げる)

 

このために、スーパー側は商品並びに工夫をします。

  • 特売商品を目立つように配置
  • 人気商品は手が出やすいレジ横に
  • 子供の好むものは、子供でも手に取れる低い位置に

これらは良く知られていますが、実はもっと大掛かりな仕組みがあります。

 

色鮮やかで食欲&購買欲を誘う野菜は店頭に。
買う人が多い乳製品等は店の奥に。

 

こうすることで、お客様がお店に入って来てからレジに並ぶまでの導線を引いています。

 

だから、「牛乳を買いに行ったのに、りんごが食べたくて買ってしまった」と言ったことが起こるのです。

 

野菜は後回し!

買い物カート

節約中は、なるべく無駄な買い物はしたくありませんよね。

 

それなら、野菜は後から必要なものだけを買うべきです。

 

スーパーに行き、まず、メインの肉や魚を買い物かごに入れ、次にその献立に必要な野菜を選びます。

 

我が家では、この方法を実践すると、1回あたりの買い物金額が10%程安く済むようになりました。

 

特売品に注意!

安いよ!

節約主婦としては、特売品を買わずに何を買うの?と言いたくなりますが・・・
時々、これらも余分な出費になってしまうので、注意が必要です。

 

特に日持ちする調味料や保存食、ティッシュペーパーなどの日用品は安い時にまとめ買いしておくべきですが、買い過ぎると家に何があるのか把握できなくなる場合があります。

 

「ないと思って買ったのに、お醤油が3本ストックされていた・・・」と言う経験がある人は要注意です!

 

節約には、出て行くお金の管理とともに、家に何が残っているのかを把握することも大切です。

 

ムダ買いのない、スッキリした節約生活を目指しましょう!